南部

【王都フリースウェアー】

商業の盛んな多種族の集まる国であり、十二年前の黒竜戦争では最も多くの被害を受けた。現在、国王不在。

【リースの森】

神樹と呼ばれる大木リースが守護する神秘の森。以前は動物や精霊の憩いの場であった。

【竜人族の集落 / アスラ火山】

黒竜戦争により壊滅した竜人族の国。傍らには古から炎の神が眠るとの伝承が残る活火山がそびえる。

【港町シエル / インディゴ海】

水神インディゴを崇める白壁の家々が美しい港町。海域には今もなお水神が眠るとの伝承が残っている。

【無限の砂漠】

人を惑わす蜃気楼や塵旋風、ワーム等のモンスターが出現する別名"死の砂漠"。通行には砂漠の民の案内が必要。


中部

【願いの滝】

辿り着く事が出来れば、その者の真に望む願いの一つが叶うと噂されている滝。

【真実の祠】

湖に囲まれた謎の小さな祠。濁りの無い清らかな心の持ち主にのみ、祠までの道が開かれる

【シノビの里 / コダマの森】

一見何の変哲もない峡谷にシノビと称される者達の集落がある。裏手に広がる森は魔獣の巣窟となっている。


北部

【帝国グランデュール】

セイル=フィードで最も有力な国。魔力や知識を欲する世界中の賢者が集まるとされている。

【蒼壁の洞窟】

グランデュール~クルト間を結ぶ、クリスタルの壁に覆われた神秘的な洞窟。

【獣人の村クルト】

獣族がひっそりと暮らす小さな村。現在はグランデュールと友好関係を築きつつある。

【白銀の村シヴ / ボレアス海】

義賊集団から支援を受けている雪に閉ざされた貧しい村。近辺の氷河はヴァイキングが闊歩している。

【アトラス山脈 / 星観の塔】

険しい氷山の連なりの更に奥地に、最も天空に近い場所と謳われる塔がそびえる。

 

【空中庭園エアリエル】

妖精族が暮らすとされている自由の楽園。移動手段を手に入れなければ、常人が辿り着く事はまず不可能。