プロローグ

 ≪セイル=フィード≫

 そこは青く煌く二つの海に囲まれた、緑あふれる美しい世界。

 大陸と言える程の広さはないが、人族、獣族、妖精、その他様々な種族達が、独自の文明を築き各々の生活を送っている。

 人は伝説の総賢者アトラスのもと、その豊かな知能を活かし、自ら知識を身に付け町や国を造り、獣人族の並外れた体力は、他種族が生きる上で頼もしい支えとなる。

 妖精や小さな精霊達ですら、属性が源となるこの世界には欠いてはならない存在であった。

 

 セイル=フィードには約十五年の周期で“黄泉の宴”と称される皆既日食が起こる。

 太陽が月の影に隠れ、約一月もの間、台地が冷たい闇に覆われるのである。その間異なる種族達は、蓄えた食物を、僅かな灯りを分け合い、星の無い長い夜の終幕をただ静かに待ち続ける……

 そうした過酷な状況の中であっても、この世界の平和と種族間の信頼は、手を取り合い、励まし助け合う事で保たれているのであった。

 

 それは前回の黄泉の宴から、約三年後に勃発する。

 死を司り、地上に生きる者達と相容れぬ種“魔族”が突如として動き出したのだ。

 暗雲の空を覆う無数の黒竜、そして邪竜や魔獣の猛攻によって島は半壊。その後も数度に亘り、王都フリースウェアーを中心とした各地域は魔族の襲来にあう。

 後に“黒竜戦争”と称され語り継がれる事となるその悲劇は、宴により固く結んだ種族間の信頼すら、弱く脆い心を持つ者達の手で引き裂かれる事となる。

 

 果たして魔族の真の意図とは。歪みが生じた、青く美しき世界の運命は——

 舞台は黒竜戦争から十二年、黄泉の宴から十五年後のセイル=フィード。

 生き別れた血族を捜す者、己を磨く者、仇に復讐を誓う者、真実を探る者——

 宴の月が刻々と迫る中、様々な想いを抱く者達の旅が今、始まろうとしている。